特殊会計(公会計)SPECIAL ACCOUNTING

地方公会計制度や公営企業会計制度の導入と活用をサポート致します

統一的な基準による地方公会計制度や公営企業会計制度の導入・活用支援
などを通じ、財務・会計面を切り口として地方公共団体を取り巻く環境の変化
に対して幅広いコンサルティング業務を行っております。

特長・メリット

サービス内容

選ばれる理由・実績

よくある質問

  • 作業の中心を弊社にて行う全委託から、作業の中心は庁内で行って頂き、指導助言させていただくアドバイザリー契約まで自治体様に合わせたご提案を行っております。まずはご相談下さい。

  • 多様なご要望にお応えいたします。まずはお気軽にご相談ください。

担当社員

長村 和哉

特殊会計課 課長

長村 和哉nagamura kazuya

総務省は発生主義・複式簿記の制度の確立を地方公共団体に要請しました。明治時代に単式簿記に移行して以来、一世紀以上ぶりの改革であり、歴史的意味をもった改革だと感じます。 この改革には「資産の把握」、「財政の可視化」、「将来コストの把握」といった意義があり、地方公共団体においては、限られた資源の中で一層の効率的・効果的な活用が求められています。 地域社会の為にも、全力をあげてその成功に協力していきたいと考えております。

一覧へ戻る

その他の
コンサルティングメニューOTHER MENU