社外継承M&AMERGERS AND ACQUISITIONS

事業承継の一つの答え M&A

中立の立場で発展的なM&Aを目指し、後継者問題や経営戦略に悩む企業の永続的な成長・発展に寄与します。

特長・メリット

サービス内容

選ばれる理由・実績

よくある質問

  • 相続・事業承継に関する対策は、それぞれの状況によって、必要な方法は異なってきます。無料相談を受けていただければ、相談員が「いつまでに、何をどのように行えばいいのか」をアドバイスさせていただきます。

  • 初回の相談は無料です。相談内容を受け、相続関係・財産内容・必要な手続き等を調査してからお見積りを作成いたします。この見積書をご覧頂いた後に、正式なサービスの申し込みとなり、そこから初めて費用(報酬)が発生します。

  • もちろんです。通常の税務会計については顧問の先生にお任せして、相続事業承継対策のみを当事務所にご依頼頂くことは可能です。

  • 事業承継を円滑に行うには、概ね3~10年かかるといわれております。そこで、事業承継対策はなるべく早く取りかかることが重要といえます。

担当社員

木野 良洋

事業承継課 主査
事業承継コンサルタント
M&Aアドバイザー

木野 良洋Kino Yoshihiro

『M&A売却をするのか』『しないのか』ということが重要ではなく、『M&A売却を考えて経営するか』『考えないで経営するか』ということが最も重要なポイントになります。
M&A売却を考えた経営は、客観的に現在の事業価値を認識する必要があり、それにより今まで気づかなかった強みや弱み、課題点、改善案、方向性が明確になってきます。逆にM&A売却を考えない経営は、多くの『最善な選択肢』や『未来の可能性』を失います。M&A仲介業者は『M&A売却』が前提で動いていきます。だからこそ、『M&A売却を考えて経営する』ことに寄り添って、経営者と一緒に事業の『磨き上げ』を歩めるのは、顧問税理士であることに間違いありません。

お客様の声

ご利用の流れ

  • STEP.01

    ご相談(無料)

  • STEP.02

    現状把握

  • STEP.03

    お見積り

  • STEP.04

    契約

料金表

サービス名
料金(税別)
備考
サービス名情報提供料(業務着手金含む)
料金(税別)簿価総資産額による
備考消費税別、50億超の場合は別途お見積り
サービス名 譲渡企業の薄価総資産額が2億円以下
料金(税別)50万
備考
サービス名 譲渡企業の薄価総資産額が2億円以上5億以下
料金(税別)100万
備考
サービス名 譲渡企業の薄価総資産額が5億円以上10億以下
料金(税別)150万
備考
サービス名 譲渡企業の薄価総資産額が10億円以上30億以下
料金(税別)200万
備考
サービス名 譲渡企業の薄価総資産額が30億円以上50億以下
料金(税別)250万
備考
サービス名業務中間報酬
料金(税別)成功報酬の20%
備考
サービス名成功報酬
料金(税別)
備考
サービス名 M&A(買収、合併等の資本提携や事業譲受等)仲介の場合
料金(税別)譲渡企業の譲渡価格×5% 
備考※最低500万円 ※M&Aにおいて、合併、株式移転、会社分割等の組織再編行為や事業譲受等の手続きを伴う場合、当該手続きの複雑性、規模、当社の業務範囲等を勘案し、貴社と協議したうえ、上記の成功報酬以外に別途手続き費用を請求させていただく場合がございます。
サービス名 合併・会社分割等の手続き、業務提携などの場合
料金(税別)基本手数料500万
備考形態・規模等に応じて決めさせていただきます。

経営コンサルティング一覧へ戻る

その他の
コンサルティングメニューOTHER MENU