事例紹介CASE STUDY

MAS監査

経営計画の立案で
想定外の不安が解消されました

S様 建築業 42歳

課題

予想以上の利益が出てしまい、想定外の税金を払う事になりそうで不安。

方策

数値計画を作成し今後の経営計画を立案(将軍の日に参加いただいた)。

社名変更やHPの作成など企業のブランディング化に取り組んだ。

経営計画立案の大きな目的は、働きがいのある企業を目指すためです。

経営計画立案の目的は様々ですが、中でも大きな目的は社員が働きがいを実感できる企業を目指すことにあります。
売上が増え、給料が上がることで社員のモチベーションは上がりますし、そうすると会社全体に活気があふれます。
また、質の高いHPは自社の強みを理解してもらえやすく、そこから新規受注や採用活動の成功に繋がることもあります。
HP作成に関する補助金制度の活用など、当グループでは企業の課題に対応した公的サービスの情報提供もいたしております。

担当社員

髙橋 歩

経営支援課

髙橋 歩

takahashi ayumu

パートナー型コンサルティング(MAS審査)について
詳しく見る

最新事例紹介CASE STUDY