事例紹介CASE STUDY

MAS監査

社員の原価意識を向上させ、
職場の無駄をなくす見直しができた

I様 建設業  39歳

課題

社員の受注額や利益率の感覚が薄く、とりあえず受注すれば良いという感覚になっている。

方策

顧客ごとの売上・利益率を管理する表を作成。

現場も常に営業数値の状況把握ができるような環境にした。

時間の無駄をなくすことで仕事の効率化が図れます。

現場の社員が原価意識を持つことで、職場の無駄をなくす見直しをしました。
時間の無駄をなくすことで仕事が効率的に進み、結果として社員の残業時間が減りました。

担当社員

小谷 潤

経営コンサルティング課 主任

小谷 潤

kodani jun

開業率より廃業率が上回る情勢において、創業者の夢の実現を全力でサポートします。 創業支援を通じ、地域の活性化、雇用の創出、新しい産業の創造に寄与します。
パートナー型コンサルティング(MAS審査)について
詳しく見る

最新事例紹介CASE STUDY