事例紹介CASE STUDY

相続申告

財産の評価を行い
相続税の試算をしてもらいました

Y様 飲食業 34歳

課題

社長が亡くなった後、どの程度相続税がかかるか把握できておらず終活の準備も出来ていない。

方策

財産の評価を行い、相続税の試算を行いました。

相続争いを防ぐために遺言書の作成を提案しました。

相続はいつ起こるかわかりません。

このケースの場合、相続税支払いのために、多額の資金が必要な事がわかりました。
今後は株価対策や資金調達のご提案など、お客様にとってベストな提案をしていきます。
相続はいつ起こるかわからないため、事前対策が重要となります。

担当社員

藤田 祐幹

資産税対策課 主査

藤田 祐幹

fujita yuuki

税理士事務所の多くは会社の決算や会計を顧問としており、相続に特化したチームがある事務所はごく僅かです。 相続税は特例1つで何百万も税金が変わってきます。不安があったり、お困りごとがありましたら弊社にお気軽にお電話ください。
相続コンサルティングについて
詳しく見る

最新事例紹介CASE STUDY