事例紹介CASE STUDY

農業

農業に関する
新たな投資ができるように

H様 米作農家 50歳

課題

親の跡を継ぎ農家となったが、従来の在り方で良いか悩んでいる。

自己完結経営のため、過剰な農機具への投資や、無駄な経費にも悩んでいる。

世襲してきた広大な農地に対する相続税が心配。

方策

親族だけで法人を設立し、そこに農地を売却。

土地に関する相続税は発生しなくなり、資金調達もできました。

農業の承継特有の納税猶予の恩恵もあり、現在は生産物加工や販売にもチャレンジしています。
農家の事業承継で特に注意が必要なのは耕作農地承継と家畜や園芸用ハウス等の多額の棚卸資産の承継です。
不安な点がございましたら、当グループにお気軽にご相談ください。

担当社員

石田 賢一郎

農業課 課長

石田 賢一郎

ishida kenichirou

最新事例紹介CASE STUDY